岐阜県可児市

[名古屋・三河湾・美濃・飛騨奥美濃・東濃奥美濃・東濃]

史跡・旧跡

ユニバーサルID:jp-tourism/0c6fb93f-1e66-4c11-9c6b-ca9459d3df75

ジョウキュウノラン オオイドノワタリノコセンジョウアト

正規名称:承久の乱 大井戸渡の古戦場跡

承久の乱 大井戸渡の古戦場跡

承久の乱 大井戸渡の古戦場跡

土田下切の五輪塔群

大炊戸天満宮

承久の乱 大井戸渡の古戦場跡

土田下切の五輪塔群

大炊戸天満宮

承久の乱 大井戸渡の古戦場跡

土田下切の五輪塔群

大炊戸天満宮

更新日:

    • 史跡・旧跡
    • 駐車場有り
    • おすすめ
    鎌倉時代の「天下分け目」。承久の乱の舞台 承久3年(1221年)6月、幕府軍の挙兵に対抗し、朝廷軍は木曽川沿いに兵を配置しました。幕府側の東山道軍5万余騎が大井戸の渡(わたり)に攻め寄せ、戦乱の火ぶたが切られました。この「大井戸の戦い」では、数に勝る幕府軍が朝廷軍を一気に押し込み、その後の戦いを優位に進めました。現在の可児市土田渡町付近は、承久の乱の口火を切った「大井戸の戦い」の舞台となった場所です。【土田下切の五輪塔群(伝・承久の乱戦死者供養塔)】土田下切にある弘法堂の前には、古い五輪塔や宝きょう印塔、石造仏群が集められています。これらは「承久の戦いの戦死者の五輪塔」だと地元では古くから言い伝えられてきました。土田地区の下切や渡にかけての開墾畑には、五輪塔などの石造物が土中に埋もれていることがあり、これらを開墾者が畑の隅に祀ったり、弘法堂に安置するなどして、長い間弔い続けてきたとされています。【大炊戸(おおいど)天満宮(土田白鬚神社境内)】土田白鬚神社は土田地区の鎮守であり、その創建は一説には平安時代とも言われています。承久の乱における地名「おおいど」は、現在は地図から消えてしまいましたが、境内社の大炊戸天満宮にその名を残しています。

    周辺の宿泊予報

    基本情報

    名称
    承久の乱 大井戸渡の古戦場跡
    所在地
    岐阜県可児市土田2691-1

    詳細情報

    アクセス
    名鉄広見線「日本ライン今渡」駅から徒歩20分。
    駐車場
    駐車場(大型バス): 日特スパークテックWKS(ワークス)パーク駐車場利用 駐車場(普通自動車): 日特スパークテックWKS(ワークス)パーク駐車場利用

    マップ

    お問い合わせ