大分県豊後大野市

[九州大分・臼杵大分・臼杵]

古墳・遺跡

ユニバーサルID:jp-tourism/490d0239-90ee-4a82-becb-04df72c7d0c9

-

正規名称:虹澗橋

虹澗橋(こうかんきょう)

更新日:

    • 古墳・遺跡
    • 駐車場有り
    • おすすめ
    虹澗橋~商人によって架けられた美しい橋~ 「虹澗橋(こうかんきょう)」は「谷を渡る虹のような橋」という意味で、江戸時代の後期、文政七年(1824年)に完成しました。当時としては日本最大の石橋で、臼杵藩であった三重の町と臼杵城下を結ぶ街道の難所を克服するため、地元の豪商が資金を出し合って建造しました。 阿蘇溶結凝灰岩の切石を多数使用した橋は、堅牢かつ美しい石橋で、国の重要文化財に指定されています。

    周辺の宿泊予報

    基本情報

    名称
    虹澗橋
    所在地
    大分県豊後大野市三重町菅生

    詳細情報

    アクセス
    JR豊肥本線三重町駅から車で10分
    駐車場
    なし
    文化財
    国指定重要文化財

    マップ

    お問い合わせ

    • 問合せ先
      (一社)ぶんご大野里の旅公社
    • 問合せ先
      おおいた豊後大野ジオパーク推進協議会(豊後大野市商工観光課内)