神奈川県鎌倉市

[横浜・鎌倉・湘南三浦・湘南・鎌倉鎌倉]

史跡・旧跡

ホッケドウアトミナモトノヨリトモノハカホウジョウヨシトキノハカ

正規名称:法華堂跡(源頼朝の墓・北条義時の墓)

法華堂跡(源頼朝の墓・北条義時の墓)

更新日:

    • 史跡・旧跡
    現在の墓のあるあたりに、かつては頼朝の持仏堂があり、頼朝の死後は法華堂と呼ばれた。墓の層塔は1779年(安永8)に島津重豪により大御堂から移されたものといわれ、明治の神仏分離により墓前に白旗神社が建立される。国指定史跡。 時代 鎌倉

    周辺の宿泊予報

    基本情報

    名称
    法華堂跡(源頼朝の墓・北条義時の墓)
    所在地
    〒248-0004 神奈川県鎌倉市西御門2丁目

    詳細情報

    アクセス
    鎌倉駅 バス 10分

    マップ