岐阜県大野郡白川村

[北陸・能登富山・立山・黒部砺波・五箇山]

史跡・旧跡

ユニバーサルID:jp-tourism/e087e91b-632c-482a-879a-8073bf54eaea

カエリクモジョウセキ

正規名称:帰雲城跡

帰雲城跡

更新日:

    • 史跡・旧跡
    寛正6年(1465)に内ケ島為氏が築いたという。三代氏理は天正13年(1585)の金森長近の飛騨攻めに降ったが、同年11月29日に起こった大地震で帰雲城は山津波に呑まれ、一瞬にして消滅してしまったという。城内には内ケ島氏が貯蔵していた飛騨金山の黄金があったが、それが今も埋もれているという埋蔵金伝説がある。 【料金】 無料

    周辺の宿泊予報

    基本情報

    名称
    帰雲城跡
    所在地
    〒501-5501 岐阜県大野郡白川村保木脇

    詳細情報

    アクセス
    高山駅 バス 60分 (車窓から) 荘川IC 車 45分 32km

    マップ

    お問い合わせ