岩手県北上市

[東北北部平泉・盛岡・陸中海岸花巻・遠野周辺]

史跡・旧跡

ユニバーサルID:jp-tourism/768cbb55-3d1c-480a-a7ca-7669ae2a331d

クニミサンハイジアト

正規名称:国見山廃寺跡

国見山廃寺跡

更新日:

    • 史跡・旧跡
    北上市街の東にある国見山に所在する、今から千年ほど前に栄えた平安時代の山寺の跡です。現存する当時の堂塔はありませんが、発掘調査により塔と考えられる建物のほかに、多数の堂跡が見つかりました。また、麓にある極楽寺には、平安時代中期の仏教儀式用の幡を下げる金具である銅竜頭(重要文化財・市立博物館に展示中)などが伝わっています。その規模は北東北最大で、その後の平泉仏教文化の源流となる寺院だと考えられます。 文化財 国指定史跡 指定年: 2004

    周辺の宿泊予報

    基本情報

    名称
    国見山廃寺跡
    所在地
    〒024-0041 岩手県北上市稲瀬町内門岡

    詳細情報

    アクセス
    北上駅 車 20分
    文化財
    国指定史跡 指定年: 2004年

    マップ

    お問い合わせ