山形県東置賜郡川西町

[東北南部山形・蔵王・庄内米沢周辺]

史跡・旧跡

ユニバーサルID:jp-tourism/76a0d49d-bdf3-408c-8638-31ba46545a6e

コマツジョウシ

正規名称:小松城址

小松城址(山形県川西町)

小松城跡

更新日:

    • 史跡・旧跡
    越後街道と長井街道の交差する要所に位置する小松城は、鎌倉時代に長井氏家臣舩山因幡守によって創建され、戦国時代にかけて米沢城の重要な支城の役割を担った。伊達時代には大町修理亮が七代にわたり治め、その後天文の乱で活躍した宿老桑折播磨守、朝廷より奥州守護代に任じられた牧野久仲ら文武兼備の重臣が城主を務め、外交の席で連歌の宴が催された。  元亀元年(1570年)小松城主牧野久仲の実父である中野宗時は連歌に興じていて米沢城に出仕せず、謀反を企て遠藤基信の暗殺を計ったが失敗し、小松城に篭城して小松城の戦いの舞台となった。(元亀の変)

    周辺の宿泊予報

    基本情報

    名称
    小松城址
    所在地
    〒999-0122 山形県東置賜郡川西町中小松

    詳細情報

    アクセス
    JR米坂線「羽前小松駅」 徒歩 10分 1km

    マップ

    お問い合わせ